エルメスのオレンジはいつから使われていますか?

エルメスの象徴的なオレンジ色は、第二次世界大戦中の1940年代に始まりました。当時、戦時中の物資不足のため、エルメスは従来の包装素材を入手することが困難になりました。その結果、彼らは利用可能な素材の中から、現在の特徴的なオレンジ色の箱を採用しました。

このオレンジ色の箱は、それ以降エルメスのブランドアイデンティティの重要な一部となり、高級品の象徴として広く認識されるようになりました。この鮮やかな色は、製品の品質とエレガンスを象徴するものとして、世界中で高く評価されています。

エルメスのオレンジは、単なる色ではなく、ブランドの歴史と優れた職人技を表現する重要な要素です。その明るく活気ある色合いは、エルメスの製品が持つラグジュアリーで洗練された特性を際立たせています。

0 thoughts on “エルメスのオレンジはいつから使われていますか?

  1. グッチの白い長財布。清潔感があり、シンプルながらも上品な印象を与えるアイテムです。

  2. Furlaブランドの女性向け財布。カラフルなデザインや遊び心が詰まったアイテムが豊富です。

  3. 人気のあるレディース財布は、トレンド感あるデザインや機能性が魅力的なアイテム。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です